coffee

コーヒーって体にいいの?悪いの?

「コーヒーは、体にいい!」

「コーヒーは、体に悪い!」


とメディアで正反対のことを言われて、混乱した事はないでしょうか?


まあ、コーヒーに限らずですが… 成功者であれ、そうでない者であれ…世界中で、無類のコーヒー好きは多いようです。 


頭痛、胃痛、眠気を取り払い… 場合によっては… やる気も起き、仕事も勉強もはかどりと…欠かせない人も多いと思います。


以前は、コーヒーは…


★胃を荒らす。

★シミが増える。

★ガンになる。



と散々な言われようでしたが… 最近は、更に世界中で画期的な健康効果が発表されているようです。

コーヒーの効果を見ていこう!

近藤誠先生の…
「医者に殺されない47の心得」によれば


医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法 -


日本の国立がん研究センターを中心と
する 研究班では以下の発表をしている。



40~69歳の男女9万人を
10年追跡調査したところ…


1日5杯以上コーヒーを飲む人の
肝臓がんの発症率は…

飲まない人の4分の1だった。


———————————
岐阜大学グループでは…

1992年~8年間、35歳以上の
地域住民3万人の追跡調査したところ…
 


コーヒーを飲まない人を、“1”とすると
毎日1杯以上飲む人は
 


男性…0.81
女性…0.43

女性では大腸がん発症率
半分以下に抑えられていた。

———————————-

米国立衛生研究所では…

1994年~14年間、米国内の50~71歳の男性約23万人 、女性約17万人を追跡調査したところ…


コーヒーを1日2杯以上飲む人は
飲まない人より、死亡するリスク
10%以上低い
 



この調査では… 心臓病、脳卒中、糖尿病の死亡リスクが減り、癌リスクは減らなかったそうです。


★1杯だけ…

男性は…6%、女性は…5%

★2~3杯では…

男性は…10%、女性は…13%

★4~5杯では…

男性は…12%、女性は…16%  


死亡率が減っていたという。

—————————————-

オランダの研究グループでは…

世界中の9件の大規模追跡調査の
データをまとめた結果…


コーヒーを1日6,7杯以上飲む人は
2型糖尿病の発症率が、0.65倍

—————————————–

ハーバード大学医学部の研究グループ 
(8万3千人の女性を24時間追跡)


タバコを吸わない女性の場合…

コーヒーをよく飲む人ほど
脳卒中のリスクが下がる



また10年がかりの調査で…

1日2,3杯のコーヒーを飲む
男性は、飲まない男性より…

胆石へのリスク40%低い

 ————————————-

お茶の水女子大学の近藤和雄教授

30~60代の女性131人のシミを、肌の奥に隠れているシミの量まで分かる機械で測定したところ…


コーヒーを飲む量の多い人ほど…
シミの量が少ない

————————————

フィンランド等の合同チーム

20年以上、50代の男女1409人を
対象に聞き取り調査を実施したところ…


中高年の時に、1日3~5杯飲んでたグループだけが、高齢になった時に 認知症・アルツハイマーを発症するリスクが65%も低かった
(紅茶では、差がなかったとのこと)

————————————

以上のデータを見る限り…コーヒーは
美容・健康の守り神と言えそうです。


※ざっくりとまとめると…

コーヒーを飲む人は、飲まない人より…

肝臓がん・大腸がん・認知症脳卒中・2型糖尿病・胆石など…そして、シミの量までリスクが抑えられる事がわかった。


喫茶店を大いに利用してみよう。

★安くうまいコーヒーを飲め…


★仕事も勉強もはかどるわ…

★健康にも美容にもいいなら…


使いこなさないともったいないです。
ただし、できるだけブラックで!