もう10年以上、冷水シャワーが習慣になっています。


きっかけは、スーパー銭湯で、サウナで体の芯まであったまった後に水風呂に飛び込む快感がクセになってしまいまして。これで疲れが一気にふっとんだ経験のある人も多いと思います。


それから、サウナの後でなくとも冷水を浴びるようになりました。真夏だったら、ただの水浴びですけど真冬だろうが一切関係ありません。これは慣れですね。


真冬の1月に滝行に行ったこともあります。白装束に、フンドシ姿で滝の前に立って塩で清めながら…死ぬかと思いましたけど…





冷水は、最初は気合いがいりますけど、慣れてしまえば全く抵抗ありません。ゆっくり息を吐きながら考えずにスーッと入っていくのがコツで、女性の方は特に聞いただけで身震いするかもしれませんね。

冷水シャワーの効果とは…?

冷水シャワーは健康によいと科学的に証明されています。


我々の体は、寒さを感じると、脳や内臓等生命に重要な臓器に優先的に血液を送るので、末梢の臓器や足先は真っ先に見捨てられて手足は冷えていきます。


だから冷え性の人は、冷える部分を意識して冷やしていくと、そこの血管が広がって血流が再開するのでジンジンしてきます。


冷水を浴びると、体温を一定に保とうと内臓脂肪が燃焼し、体が熱くなります。体は体温を取り戻そうと基礎代謝がよくなり脂肪を燃焼させる為、太りづらくもなります


また…副腎皮質からのホルモン分泌を活発にする効果もあります。


現代は副腎を甘やかせてしまってる為…
副腎皮質ホルモン等の分泌が少なくなってしまっているようです。


最近は、花粉症・アトピー等のアレルギーで悩む人が多いのも、副腎の機能が落ちた結果の症状だと言われています。その副腎を鍛え、本来の機能を目覚めさせる為に冷水を浴びるといいようです。

温冷浴がおススメ

やっぱり、スーパー銭湯に行くとサウナで暖まった後に、水風呂に飛び込むと疲労が最高に吹っ飛びます。


冷水シャワーを浴びる前に、湯船の中で温まり、水分補給をしておくと…ドロドロの血液ではなく、サラサラの血液が流れるので、毒素が排出されやすくなります


体臭の元になる皮脂の分泌も冷水によって抑制されますので体臭も防げます


そして…サウナ(湯船)と水風呂で温める⇒冷やす)を繰り返す


交感神経(血管を収縮させる)
副交感神経(血管を拡張させる)



を目覚めさせ、正常に両方が機能するようになってきます。


湯船(サウナ)で毛穴、血管を拡張させ冷水で毛穴を引き締めて終わらせます。それにより、全身の保温効果も得られます


特に…副交感神経が働いている時には、血管が拡張し、体内の毒素を排出するデトックス効果があるので代謝がよくなります。


また、寒さに対しての抵抗力もつくので免疫が上がり、風邪が引きにくくなりますここ数年、風邪とは縁がありません。


今時、ここまでする必要はありませんが…冷水のこれほどの効果を知っておくのもいいと思います。

冷水の効果~まとめ~

脂肪が燃焼し、基礎代謝もよくなり
 体が熱くなり、太りにくくなる。

副腎皮質からのホルモン分泌を
 活発にする。

皮脂の分泌も抑制され体臭も防ぐ。

温冷浴を繰り返すことで…


自律神経のバランスがよくなる。

毒素の排出(デトックス)効果

全身の保温効果が得られる。

免疫が上がり、風邪が引きにくくなる。