目にクマができる原因とは…?

起床して鏡を見た時に、目にクマができ、やつれた印象でショックを受けたことはありませんか…?


目にクマができるのは、顔への血流が滞り、肌に必要な酸素や栄養が届かなくなって起こるものです。


目の下の皮膚はとても薄いので、
滞った血液が透け、黒ずんで見えます。


寝不足やストレス、疲れが溜まった時に
クマができます。


また…

PC、スマホを長時間、一定の距離で見続けていると、目やその周囲の筋肉にコリができてしまいます。





そして、それを放っておくと…

★視力が低下し…

★クマやシワができ…

★左右の目の大きさに差が出たり…

★顔が歪んだりしてきます。


特に、目の筋肉は奥に入っており手で触れることはできませんので…コリ⇒痛み⇒しびれ⇒麻痺…という筋肉の警告に気づくことができません。


そして、そんな部位に痛みが生じるという
事は、かなり状態が悪い事を意味します。


例えば、眼痛が生じる緑内障がいい例です。


デスクワークで朝から晩まで椅子に座りPC、スマホをいじっていると…ヒザ、腰、首が曲がり、様々な筋肉が圧迫を受け、目や脳に血流がいきにくくなります。


ただでさえ、目と脳は身体の頂上にある
ので血流が届きにくいのにです。


首を倒すだけで、脳への血流量が
4分の1に減るそうです。


我々が思っている以上に血液は、
目と脳へ行き渡っていません。


目の血流障害は、目やその周辺に影響を与えるだけでなく、脳全体にまで影響を及ぼしてしまうそうです。


脳へ血液が3~5分いかないだけで
脳は働かなくなるそうです。


これは、脳がその他の毛細血管と比べ
極端に細いことが関係しているようです。


全ての体調不良や病気は、血流障害による
冷えが原因とされています。


目に手を当ててみると…
冷えちゃっていませんか?


これは、目が冷え症になっている証拠で、目は脳の一部で最先端にあるので、同時に脳も冷え性になっています。


目に血流がいかなくなると、目も小さくなりクマやシワ、くすみができてしまい、表情も暗くなり、顔色も悪く、疲れた印象を与えてしまいます。



参考資料:目は1分でよくなる
著者・今野清志先生

目のクマを改善する。

なので、目への血流をよくすれば…
慢性的なクマも改善できます。


すぐに目のクマを目立たなくしたい時は
目の下にある承泣が効きます。


承泣(じょうきゅう)
瞳の真下。眼下の骨の縁の真ん中にある。



承は「受ける」、泣は「涙」の意味で
涙を受けるところという意味です。


美肌へも導いてくれるツボです。





目の下に蒸しタオルを当てるのも効果的で、慢性的なクマで悩む時は、毎日、三陰交という足のツボを押すとよいそうです。



冷えに効く「三陰交(さんいんこう)」



三陰交は、足を流れる3つの経絡
(気の流れる通路)が交わるツボです。


三陰交を押すだけで、3つの経絡のトラブルが一度に改善できる名穴で、体が温まり血の巡りがよくなり冷え性を改善します。


顔の血行をよくしたい時は、以前紹介した目の体操を行うと、目と目の周りの筋肉を動かす為、目に血流が戻りますので…

【目の体操①】目のパッチン運動!

【目の体操②】目のツボ押し体操!

【目の体操③】指先追いかけ体操!


目の冷え性も改善され…
視力もよくなり…
クマもシワもなくなくなる…

というイイこと尽くしです。


朝、目の下のクマが目立つ時は、数分行うだけでも効果が現れますのでよかったら試してみてください。