悪口・陰口の猛毒性

誰でも悪口を言ったことがあるし、悪口ばかり言う人を見た事があると思います。でも、悪口は信用も失い誰も幸せにしないから言わない方がいいです。


そして、人の悪口をいう人は…

あなたのいる前で、人の悪口を言ってる人は、ほぼ100%、あなたのいない所であなたの悪口を言っています。


もう病気になってしまっていますね。


どんなに陰で悪口言われていても
自分からは言わない方がいいです。


言われっぱなしで“損”と思いますけど、言ってる人は言ってる時に吐く毒で破滅していってしまうようです。

本当に、毒を吐いている…?

「あの人のいう事には毒があるよ!」
といいますが…これは本当のようです。


実際に、そういう実験をしている人が
たくさんいるらしく…調べたら本当に毒があるようです。


悪口言ってる時の空気を一升瓶の中に入れて、その中に虫を入れておくと…そうでない空気の時と比べて遥かに早く虫が死ぬようです。





本人は、毒に麻痺してしまっているので、毒を吐いてるなんてこれっぽっちも思っていないでしょうから、そっと逃げなければいけない…


●いつも悪口を言っている人…

●僻み・妬みの心が強い人…

やたらと執念深い人…


絶対近づいてはいけませんね。犯罪者の特徴も…いつも人の悪口を言っており、毒に犯されているのが顔見てわかりますし。

そして…他人と過去は変えられないので、「よし!私が治してやろう」なんてバカな事は考えない方がいいです。


雇われの身、村社会、学校のクラス、ママ友の4つは、関わる人間を選べないので難しいですが、うまく避けながらやっていくか、嫌いな人と関わらなくていい経済力を身につけるしかなさそうです。


人間が人間社会で生きている限り…
人間関係からは逃れられませんから。