「ぷるぷる体操」ってご存知ですか?


名前こそ可愛らしいですが…苫米地英人先生いわく、
気功師の張永祥さんが伝える中国に代々伝わる秘中の秘だそうです。


私自身、ぷるぷる体操は、朝の習慣になっていますし、スワイショウ(腕振り)と共に、立つスペースがあればできる
単純ですが優れた体操です。

ぷるぷる体操の効果

本当にこの体操はおススメです。

面倒臭がりの私が、1年以上
余裕で続いていますし、「やらないと!」ではなく、気持ちよくなるから好きでやってます。


開始後5分~多い時で15分くらいで、手足の指の先まで全身がポカポカしてきて、ヤル気がみなぎってきます。


効果としては…

全身の血行がよくなり…

全身の気がみなぎり…めまぐるしく体調がよくなる。


なので、女性の悩みである…
便秘や冷えにも効果があります。




ぷるぷる体操のやり方

それでは、やり方を簡単に紹介します。


苫米地博士の著書より抜粋します。
脳に免疫力をつければ病気にならない





①自然な感じで立ち、両手を上げ
 深呼吸をする
ようにあくびをする。

②両手を軽く握り、その両こぶしを

 へその前辺りにもってくる。

③自然に呼吸しながら、肩の力を抜き

 両こぶしを上下運動させる。

④その手の振動を、上下半身に伝え
 ていき、
全身を上下に振動させる。


%e3%81%b7%e3%82%8b%e3%81%b7%e3%82%8b%e7%b5%90%e5%90%88


できれば、5分以上行なってください。


動画もありますけど…基本、上記で十分です。





両こぶしは、へその前だけでなく

真横や真上に持っていったりもする。


こぶしは、握るというよりも
軽く開いているくらいでいいです。


肩より上に両手を上げて全身を振動させる事で…手の指先から肩周りの血行もよくなり、肩こり等にも、かなり効果があります。


振動のスピードは、1秒に1回でも、2回でも3回でも、あなたの心地よいペースでかまいません。


私は、1秒に3回~5回のペースです。
その方が、全身がすぐ活性化するので。


あまり複雑に考えずに…体の全細胞に、発電させていくようなイメージで全身を振動させて細胞を活性化させてください。